名古屋「定番グルメ」を巡る日帰り女子旅【ルート・費用・店舗詳細】

こんにちは!

 

今回は、名古屋育ちの私が大満足したGW【日帰り弾丸女子旅】名古屋編をご紹介したいと思います。

 

東京駅から新幹線で約1時間半。滞在時間は約9時間。名古屋飯を満喫しました!

 

名古屋って大阪・京都へ行く途中で、通り過ぎてしまう人も多い気がしてならないのですが、日帰りでも十分楽しめるのでおすすめです!🍴💓

(お腹を空かせて行きましょう!)

 

contents

今回の旅プラン

GW真っ只中!

11:00東京駅発→12:41名古屋駅着のゆったりプランです!

 

まずは、ドニチエコきっぷ(600円)を購入!

市営地下鉄、バスが乗り放題。お得!

<あつた蓬莱軒🍴>

(13:00~15:00)

最初に向かったのは、ひつまぶしで有名なあつた蓬莱軒。熱田にある本店の激混みを想定し、今回は矢場町にある松坂屋店へ。

 

懐石料理(9,800円)以外は予約不可なので、気長に並ぶしかありません。

 

13時に並び始めて、最初の料理が運ばれてきたのが14時30分。2時間半待ちを覚悟で行ったので思ったよりも早くてラッキー!💓

 

●うまき(950円)

 

●【名物】ひつまぶし(3,600円)

おだしをかけて、薬味をのせて食べるお茶漬けは癒し…!

<松坂屋店よかったポイント>

✔GWにも関わらず混み具合は許容範囲内(1.5時間)

 

✔室内だから待ち時間が涼しい・日焼けしない

 

✔座って待つことが出来る

熱田神宮

 (15:30~16:00)

矢場町駅→神宮西駅で降りて熱田神宮へ。

名鉄の神宮前駅から常滑駅に向かいます。

パワースポットなので、深呼吸。

 

常滑焼き体験

(17:00~18:30)

常滑市には体験が出来る工房が沢山あります。

常滑焼(とこなめやき)は、愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる炻器。日本六古窯の一つ。平安時代末期、猿投窯南部の灰釉陶器窯の南下に伴い形成された知多半島古窯跡群を母体とする

 

今回は、TOKONAME STOREにお世話になりました。焼きあがりが楽しみ!

(1ヶ月後くらいに届くそうです。)

常滑招き猫通り

(18:30~19:00)

道なりに招き猫が沢山!ご利益ありそう!

<山本屋本店🍴>

(20:00~20:30)

味噌煮込みうどんは、名古屋飯を語るのに外せません!(私が最も好きな名古屋飯。)

栄セントライズ店は次に行く予定の矢場とんと隣り合わせなのでかなり時間短縮になりました。

有名な味噌煮込みうどん屋さんとして【 山本屋総本家 】【山本屋本店】があるのですが、どちらがおすすめか聞かれたら私は断然【山本屋本店】を推します!

 

以前、それぞれの1日で味を忘れないうちにと連続して(一人で)それぞれの味噌煮込みうどんを食べたのですが、個人的には本店の方が味噌の味がしっかりとしていて好きな味でした☺

(ちなみに山本屋総本家は秋葉原にもあるので、そういう意味でもせっかく名古屋に来たらなら、本店で食べたい!秋葉原店にも勿論行ったことがあります!)

最初にサービスで出てくるお漬物は、とても美味しい…!

 

●味噌煮込うどん(1,080円)

大好き。名古屋に帰ったら絶対食べたい。

 

 

●名古屋コーチンネギマ(2串)950円

 

●青唐辛子だし巻き玉子(540円)

 

<矢場とん🍴>

(20:30~21:00)

山本屋本店の真隣です。

●ひれとんかつ(1,296円)

最初は、何もかかっていないトンカツが運ばれてきます。

味噌をどばっと目の前でかけてくれます!

 

●【名物】わらじとんかつ(1,296円)

※味噌とソース半分ずつにしたけど、全部味噌にすればよかった・・・!

 

●どて煮(378円)

 

オアシス21

(21:00~21:30)

夜の雰囲気がとても綺麗です💓

ここは、矢場町駅→栄駅までの道なりで、どちらかというと通り過ぎたという感じ…!

まとめ

帰りは21:54名古屋発→23:32東京着の新幹線で帰宅☺

(新幹線の最終の1本前です!)

✔名古屋は日帰りでも十分楽しめる!

 

✔名古屋飯はがっつり系が多いのでサイドメニューも頼んで味に飽きないようにすると◎

 

✔ちなみに、今回は行かなかった名古屋城9:00~16:30まで営業しているので、早起きが得意な人は朝行くのもありかも!(⚠意外と営業終了が早めなので注意!)

ジブリパークも今後できるという噂なので、今からわくわくしています!

今後、名古屋旅行の際の参考になれば嬉しいです😸💕