【初級】英文法を基礎からやり直す時のポイント

こんにちは!

 

大人になって英会話を始めようと思った時に、中学英文法が抜けてしまっているこがネックになって足踏み状態な人って意外と多いんじゃないかと思います。

 

 

イメージが湧きやすいように、英会話を水泳に例えると…✍︎

「水の中に入る、水に慣れる」

→外国人と話す環境をつくる

 

「体の動かし方の理屈を知るために講義を受けたり本を読んだりする」

★文法を学ぶ

 

「筋トレをして筋肉増強をする」

→単語やフレーズを増やす

 

「スイミングスクールで練習をする」

→英会話スクールに通う

 

「波のある海で長距離を泳ぐ」

→NYにひとりで旅行

 

に入るのが極端に怖い場合は、足の動かし方や手の動かし方などを軽く頭に入れておくと確かに安心かも知れません。

 

でも浅めのプールにまずはちゃぷちゃぷと入ってみたら、最初は怖くても意外と慣れてくるかも….?

(ただ大人になってからの方が怖いものに対しての克服のハードルって確かに上がりますよね…!)

むしろ、沢山座学で勉強して、頭が体の動かし方を意識しすぎてしまうと体が動かせなくなっちゃうこともしばしば。

が極端に怖くは感じない程度には知識を入れておいた上で、一度に入ってみて、に少し慣れてみてから、詳しく身体の動かし方を学んでも遅くはないと思うというのが私の考えです。

 


 

(なので、「まずはしっかりと英文法を固めて・・・」という話を聞くと、しっかりとというキーワードにちょっと心配になってしまいます。)

 

とはいえ、話せるようになるために文法の知識があるに越したことがないのも事実ですし、期間を決めてさくっと終わらせましょう!

 

英会話における文法についての私の考えと、効率よく伸ばす学習方法をご紹介します!

 

 

contents

おすすめできない学習方法

いきなりですがおすすめ出来ない方法からはじめにご紹介します。

分厚い英文法の参考書をひたすら最初から読み直す

 

結構多いです。具体的に何をやってるか聞いてみたら、ものすごい厚い文法書がカバンから出てくるパターン。

読むことに満足してしまうのは危険。

”英文法の参考書”を使うこと自体はいいと思うのですが、理屈が分かっても、それを使えるようにならないともったいない…!

総復習を目的とする場合、分厚い参考書はモチベーション面からも考えて、不向きです。

 

異なる何冊もの文法関連の本を購入

中学レベルの総復習において、別の本を何冊もやったところで正直特に目新しい内容は書いてありません。

冊数をこなすことではなく中身をしっかり定着させることの方が大切です。

例文を覚えてしまうくらい同じものをやりこんだ方が効果的です。

 

本を選ぶ時の3つのポイント

文法を学習するにあたって、使う教材もとても重要です!

✔そこまで分厚くなく、しっかりと最後までやりきることができそうなボリュームのものを選ぶ
(2~3周繰り返すことができそうなくらいのボリュームかどうか)

 

読むだけで満足してしまいそうなものは避ける、
(自分で手を動かして、分かっていない部分・課題を見つけられそうな内容は多く含まれているか)

 

✔文字ばかりのものよりはイラストもあって分かりやすいものを選ぶ
(英語はイメージも併せて定着させると記憶に残りやすい!)

“やりきることができる!”これが結構大切なキーワードです。

 

“ちゃんとやりきった!”という成功体験って実際に英語で話すときの自信にもつながるのでちゃんとやりきれるものを選んでください。

 

————————————————————-

私がおすすめしたい2冊

“「基礎の英文法」をやり直したい”とご相談をお客さんからはじめて受けた際に、実際に紀伊国屋書店に足を運んで中身をじっくり確認をしたうえで私がおすすめした二冊をご紹介します。

 

①Mr. Evineのアルファベットから英語の基礎をなんとかするドリル

 

※Chapter1のアルファベットの部分の確認は、おそらく不要な方が多いかと思います。Chapter2 の部分からが文法の基礎の定着の練習ができるかと思います!

 

②書き込み式でやり直す! 中学3年分の英語

 

どちらも”選ぶ時のポイント”の3つを満たしているのでおすすめです。

ご自身で、中身を見て「これなら続けられる!」「2周はできそう!」というものを選んでみてくださいね☺

 

学習計画を立てましょう!

①いつどこで行うか決める

文法の基礎固めはだらだら行っていても仕方ありません!短期集中でいきましょう!

寝る前に自宅の机の上で

 

お昼休みにカフェで

等の習慣化している行動の中で取り入れられそうな具体的な場所時間を決めることが大切。

 

②1度に進めるボリュームを設定

1日30分とかの時間ではなく、ページ数や章の数で設定することをおすすめします。

いつこの1冊が終わるかのお尻を決めることでモチベーションへつなげます!

 

③目次に日付を書き込んでいく

②を元に行う日を書き込んでいきましょう!

少し余裕を持たせるために予備日を設定することもポイントです。1周目が終わる目安が見えてきます。

※1周目が終わってもまだ自信がつかない場合は、2周目、3周目と同じものを繰り返し行って定着をはかりましょう💓

 

まとめ

✔文法に自信がなくても英会話はなんとかなる

 

✔本は1冊だけ買う。浮気をしない。

 

✔ちゃんと期限を決める。だらだらやらない。

文法も楽しいから私は大好きですが、英会話に向けてやり直す場合は、さくっと期間を決めて効率よく学習することをおすすめします!💓 がんばろう!😍