英会話での沈黙がこわい【便利なフレーズまとめ】

「言いたいことが、英語でぱっと出ててこなくて焦ってしまう」

 

「沈黙がこわい」

 

「なんというか考えているときに沈黙になってしまう」

これは、初級〜初中級の方から割とよく頂くご相談です。

確かに、対面で言いたいことが出てこなくて沈黙って日本語でも緊張するのに英語だと尚更ですよね…!

もちろん語彙やフレーズを増やしたりする必要があるのは、いわずもがなかと思うので、今回は、ちょっと違った視点からアドバイスをしたいと思います😶

参考になれば嬉しいです💓

contents

まずは、自分の状態を伝える

最初から自分の話したいことすべてを英語で表現できる人は、ほとんどいません!

トピックも様々だし、話す相手によって内容も変わってくるしそれに全部対応することができるようになることを目標にすると

ちょっと気が折れてしまいそうですよね…!

外国人の先生側にも少し話を聞いてみると、日本人との会話で沈黙が起きた時に

「言ったことを理解できていないの?」

 

「どう答えるかを考えているの?」

 

「サポートをしてほしいの?」

とそもそもなんで黙っているかわからないので、どうすればいいか困ってしまうこともあるようです。

なので、状況を伝えることを目的としたフレーズをまずは自信をもって使えるように覚えておくことを最初のステップにしてみると

ちょっと気持ちが楽になるのでおすすめです!

【もっと考えたいとき】

まず、“もっと考えたい時”使える便利なフレーズをご紹介します!

これらがぱっと出てくるように、口に慣らしておくことで落ち着いて考えるための、時間稼ぎにもなります◎

・Well…

(えっと…。)

 

・Give me a moment.

(ちょっと時間をください。)

 

・Hold on..

(待ってね…)

+  応用でこれもセットで使えると更に◎!

・Let me think (=consider, ponder) for a second.

(ちょっと考えさせて。)

 

・I’d like a little more thinking time.

(もう少し考える時間が欲しいです。)

 

・I’d like to organize my thoughts.

(考えを整理したいです。)

【わからないとき】

わからないときは、わかっていないことをしっかりと伝えることで

もっと簡単な言い方に変えてくれたり、例を出してもらえたりするはずです!

・Could you give me an example?

(例を出してもらえますか?)

 

・I’m confused.

(混乱してます)

 

・I don’t know how to explain this in English , but…..(It’s something like…)

(英語でどういえばいいかわからないけど、こんな感じの…)

【質問が聞き取れないとき】

・Can you repeat that ?

(もう一回言ってもらえますか。)

 

・Can you speak more slowly? 

(もっとゆっくり話してもらえますか。)

 

・Sorry, I couldn’t catch what you just said. 

(すみません、今言ったことが聞き取れませんでした。)

まとめ

どんな話題でもぱっと言いたいことが出てくる人なんてほんの一部です。

自信をもって話せる話題が増やせるように、少しずつ、

これらとあわせて語彙やフレーズを口に慣らして増やしていけるといいですね!