日本三大秘境!祖谷「かずら橋」へ女子二人旅!大自然を満喫してきました!【写真多め】

contents

そもそも「かずら橋」ってどんな橋?

かずら橋は、植物のつるから作られた原始的な吊り橋です。

国の重要有形民俗文化財に指定されているこの橋。

その昔に、平家の落人が追っ手から逃れるために、いつでも切り落とすことができるように、植物のつるで編んだんだとか。

お世話になった宿のおじさんに聞いたところ、

おじさんが子供だった頃は足場のすきまが今の3倍以上はあって、風が吹くだけでも、ぐらんぐらんとかなり揺れたんだそう。

今は観光客の人でも渡れるように、ワイヤーも通っていて安全だそうなのですが、それでもとってもスリル満点でしたよ!

祖谷のかずら橋の様子【昼間】

お昼と言っても朝8時前の様子です。(笑)

宿からかずら橋までがすぐそばだったので、朝一番で渡ることに!

川のせせらぎと滝音が本当に気持ちいい!

祖谷川は、雨が降ったあとで濁っているはずなのに、とても綺麗なエメラルドグリーン。

普段はもっと綺麗なんだと思うとすごい!

祖谷のかずら橋の様子【夜】

夜はライトアップされて、幻想的な景色が楽しめます!

▼フラッシュをたいて撮影したもの。ちょっと怪しげな雰囲気。

琵琶の滝

祖谷のかずら橋のすぐ横には、こんな滝も!

お手洗いや売店もすぐそばにあるので、マイナスイオンを楽しみつつ、軽食を取るのもいいですね。

奥二重かずら橋「男橋」「女橋」

祖谷のかずら橋から、車で約1時間。

実は、あと2つのかずら橋が奥祖谷という場所にあります。

そこにある、野猿という人力ロープウェイに乗ってみたい思いにかられて、車を走らせること1時間。

「野猿」を使って川を渡ります!

「やえん」と読むそうです。じゃん!

童心に戻った気持ちになる…!

なんだか秘密基地のようじゃないですか?

定員は3名だそうですが、一度に乗れるのは大人ふたりで精一杯かな〜と思いました。

かずら橋って雨でも渡れるの?

聞いてみたところ、よっぽどの台風レベルの雨でなければ渡ることはできるそうです!(笑)

実は、私たちが言った時も雨でした。傘をさしながら渡るのは、片手がふさがって結構大変だったので、レインコートがあれば安心です!

かずら橋を渡る時の注意事項

断言します。

これは、ヒールじゃ無理!

間がこんなにあいている上に結構揺れるので!ヒールがない靴でもかなり恐る恐る一歩を踏み出す感じです。

口の閉まるバッグだと安心だと思います。

かずら橋からすぐそばの「祖谷の宿 かずらや」に宿泊しました!

かずら橋まで徒歩10分。囲炉裏の会席が楽しめるとっても素敵な宿でした。

晴れている時には、満天の星空や天の川まで宿のお庭から見えるそうですよ!

接客も素晴らしくて、またお世話になりたいな。

\祖谷の宿 かずらやについての記事はこちら/