私がペーパードライバーを卒業すると決めた理由【冗談抜きに死ぬかと思った四国旅】

ペーパードライバー歴、早8年になります。

まいまいです。

でも、、、私決めましました。

「ペーパー ドライバー」を卒業します!

contents

【 ペーパードライバーとは】

 

自動車運転免許証を取得し、現に有効な免許を保有しているものの、普段運転することがない者や、運転する機会がない者をいう。 

 

(Wikipediaより引用)

そうなんです。

免許を取ったもののその後は身分証明としてしか使っておりませんでした。

なぜ今まで「ペーパードライバー」だったのか

 

完全に言い訳なんですけど、聞いてもらえますか?

💔 都内で遊ぶことがほとんどだから車に乗る必要性がなかった

💔 遠出する時は、そもそも車を使わないプランを練ることが多かった

💔 必要がある時には、誰かが代わりに運転してくれた

こんな理由で、8年間で1度しか運転をせぬまま過ごしてまいりました。

※1度だけ、元彼と行った沖縄旅行で運転をしたことがある!沖縄だけど!

「ペーパードライバー」を卒業することに決めたきっかけ

▼道で出会った猫とわたし

この秋、四国へのドライブ旅行へ行ってきたのですが、そこで、運転を今までずっと他人任せにしていた私に罰があたりました。


高校時代の懐かしい友達との女二人旅。

「私が運転するから任せとき!」

という言葉を真に受け、新神戸を出発し、広島・岡山方面へ向かいます。

その楽しい思い出についてまとめた記事は、ぜひ別途読んでほしい!笑

繰り返しになりますが、運転を完全に人任せにしていた私がいけないんです

高速道路で死を覚悟する怖い体験をしました。

今まで車に乗せてくれていた人達は皆穏やかで安全運転だっただけなんですね…!

「え、ちょっと待って….スピード速過ぎない?」

(※ スピードは、メーターを見たら普通だった。たぶん、車間距離が近いからそう感じたんだと思う。)

運転してもらっている身だし、あんまりごちゃごちゃ言えないよな…

と思いつつもあまりにも怖かったので、思わず口に出し始めてしまう私。

「ねえ、車間距離つめすぎじゃない??」

 

「え、え、待って!!待って!本当にこわいんだけど!!」

 

それは高速道路のトンネルの中で起こりました。

 

やばいと思った時には、時すでに遅し。

 

!!! 前方車両へ衝突 !!!

 

しそうになり、思わず

「危ない!!!」

と声に出しました。

そこで、ハンドルを切ってくれたので、隣の車線にあったコーンにガツンとぶつかりました。

(運良く工事中で、車線は使用されておらず。対向車が来ていたりしていなくて本当によかった😭)

私がとった行動は…!

「私が運転かわるよ!」

 

と本当は、言いたかったのですが、

いきなり、ペーパードライバーが準備もなく突然高速道路から運転出来るわけがなく…

しかもトンネルの中で停車している状態から運転を再開なんて無理でした( ; _ ; )

引き続き、運転をお願いすることに。

オルゴール作戦

 

 

普通ならノリノリのドライブソングをかけるところですが、これ以上加速すると死にかねないので

これ以上スピードが上がらないようにディズニーのオルゴールをBGMとしてかけることにしました。

やや効果はあったものの、もう自分以外が運転しているのが怖すぎる…!

下を向くのが怖くてスマホさえチラ見できない…!

そうこうしているうちに、恐怖の高速道路からはおりて、ほっとするのも束の間。

また2度目の接触事件が起こります。

細道で対向車を避けようとしたら

 

!!! 電柱へぶつかった !!!

 

高速道路とは違い、人もたくさん歩いている一般道路!!!

(もう、私が運転するしかない…!)

 

でも私はペーパードライバー。

教習車ではない車には慣れません。

でも長時間の運転を彼女にさせてしまうことで、本当に二人とも死にかねない、と思いました。(ガチ)

慣れないながらも、駐車場で練習をして、田舎道を運転することを決意。

(こんな状態で運転して、本当にすみません。)

「今まで運転任せっきりでごめん..!」

もっと早い段階からちゃんと練習しておけばよかった…!

でも、3時間、香川県と徳島県の間を運転したよ(´°_°`) 頑張った…!

まとめ

自分の身は自分で守る

▼私たちのレンタカー!かわいい!

車に乗るって、その人に命を預けるということなんだ!と実感いたしました。

初めて人の車に乗る時には、命を預ける覚悟で。

人を車に乗せる時には、命を預かる覚悟で。

いざとなったら自分が運転できると思えるだけで気持ちは、だいぶ楽です。

ペーパードライバーだけど、免許取っておいてよかった。

いざとなったら自分が運転出来る安心感はんぱない

 

今思い返せば、昔付き合っていた人とドライブをしていた時も、

「なんか眠くなってきた….!」

と言われた時に、何にもしてあげられなくて眠気覚ましになりそうな事をあれやこれやと一生懸命考えたりしてたんですが、

私が運転できればよかったんじゃね?

とも思いますよね、まあ免許持ってるのなら運転を途中で変わるべきですよね….!

今後は、途中で

「大丈夫?運転ありがとう、私が運転かわるよ!」

といえる女になりまする。

運転してる方が眠くない

▼淡路島の夜景きれいだった…!

「運転、思っていたよりも楽しくない?」って今回の旅行で気づきました!

マリオカートのVR版で、「たのしーい!」とか言ってるんだったら、現実世界で運転すればよくない???

頑張って慣れるぞ!本当です!

 

\この旅行の記事はこちら/